【実績】紛争処理機構にて14→12級獲得

右膝の疼痛に関して、紛争処理機構にて12級13号に等級変更となりました。

画像上で前十字靭帯・後十字靭帯・内側側副靭帯・外側側副靭帯、4大靭帯すべてに損傷を受けていた事案です。

損保料率機構では当然に12級の認定を受けられるものだと信じていましたが、まさかの14級9号。

主治医は自賠責手続きに関しては最後まで理解をお示しになられず、「等級はわしが決めるものだ」
の一点張りで話になりませんでした。

そこで転院前の2医療機関に協力していただき、改めて画像読影をしていただきました。
さらに、弊社と連携している画像鑑定専門会社にも協力を仰ぎ、3医師による読影結果を入手。

それに基づき異議申立てをしましたが、なぜか損保料率機構では、靭帯損傷の事実自体を全否定!!
再度14級9号だとの認定結果が来ました。

そこで、最終手段として紛争処理機構に申立てをしたところ、上記4大靭帯すべての損傷を認めてもらい、
12級認定を受けることができました。

本件は、「画像上、損傷していることは明白」でした。それを損保料率機構の顧問医は見分けることができなかった、
ということにほかなりません。
紛争処理機構からは、申請から1か月と異例の速さで等級変更の連絡が届きました。
尚、膝の不安定性に関しては、可動域制限もなく不安定性は認めてもらいましたが、補装具を必要とする程度ではないとして否定されています。

損保料率機構には、公平中立と謳っている以上は、会員である保険会社への配慮はせずに、被害者の訴えを真摯に聞き入れてほしいものです。
今回の件については、損保料率機構にも通知が届いているはずですので、自身の判断ミスを素直に認め反省していただきたい。

dav

dav