画像鑑定の意義について

交通事故の被害に遭われた場合に、お怪我の程度によっては自賠責保険への後遺障害申請手続きが必要になるケースがございます。

そして自賠責保険では、後遺障害が残ったとしても、「画像所見が否定され」非該当という通知が返ってくることも日常茶飯事です。

主治医が「椎間板ヘルニア」とか「膝の靭帯損傷」などの診断の下、それに応じた治療を長期にわたり実施してきたにもかかわらず、

自賠責保険では、「ただの捻挫ですよ」という具合に主治医の診断を全否定する回答を出してくることがしばしば見受けられます。

そんな時は、本当のところは主治医の診断が正しいのか、それとも自賠責保険の診断が正しいのか、見極める必要がございます。

主治医に「自賠責保険では捻挫と言われた」と相談しても、医師は自分の下した診断が正しいと考え主張するでしょう。

しかし、実際のところ画像の読影能力が乏しい医師も多数存在しており、異常所見と見間違ったりすることも決してあり得ない話ではないのです。

逆に自賠責保険の顧問医も同様で、本当なら異常所見があるのに、それを見つけることができなかったというケースもあり得ます。

実際に、紛争処理機構に異議申立てをして、それまで自賠責保険(損保料率算出機構)では否定されてきた画像所見が肯定され、結果的に審査機関の顧問医の見落としが判明することも多々あります。

そのような状況ですので、「本当のところはどうなんだ!」ということを確認するためにも、画像読影に長けている第三者が公平に同じ画像を見てどう診断するかを確認するのが一番効果的です。

画像読影のプロは、整形外科医ではなく、放射線医師である画像診断専門医となります。

これは放射線技師ではありません。きちんと画像読影に特化した経験を一定年数経た、放射線科医の中でも限られたエキスパートです。

弊所では、その画像診断専門医と連携しております。

画像鑑定会社では、個人のお客様からのお申込みはお断りしておりますが、弊所を介することにより、お申込み、そして鑑定サービスを利用することは可能となります。

弊所への具体的な依頼はせず、画像鑑定だけお願いしたい、というお客様からの引き継ぎサポートも行っておりますので、

お気軽にお問合せ下さいませ。

行政書士ライス法務事務所は、山形での交通事故におけるご相談を承っております。